TOP「検査キットとは」記事一覧>HIV検査キットの選び方(商品)

私が選んだHIV検査キットは、これでした。

STDチェッカー TypeJ(男女共用)



国内には検査キットの販売会社が10社ほどあり、HIV検査キットだけでも何種類もあります。そんな中から慎重に時間をかけて、失敗しないように私が厳選した検査キットです。信頼性、安全性、匿名性、利便性、どれを取っても十分満足のいく品質、サービス内容でした。私はあなたに自信を持ってオススメ出来ます。

ではこれから、私が厳選したHIV検査キット、STDチェッカー TypeJ(男女共用)がなぜナンバーワンと言えるのか具体的に説明していきたいと思います。

________________________________________________

では、ここから本文です。検査キット購入の決め手は、はやり信頼性でした。では、検査キットを選ぶときに最も大事な4つのポイントについて、1つずつ検証していくことにします。

1.検査の信頼性

2.検査キットの使い方

3.個人情報の保護

4.ユーザーのサポート体制


写真:「STDチェッカー type J」⇒これが私の一番のお勧めです。購入の決め手は、はやり検査キットの信頼性でした。



________________________________________________

1.検査キットの信頼性について明確に説明されているか

私はHIV検査を受けようと決心し、どの会社の検査キットが一番信頼出来るか各社のホームページ情報から比較しました。STD研究所のサイトでは、「検査の信頼性について」と言うページを作り、その中で3つの信頼性に関する情報提供を行っています。

1つ目が「血液採取について」、2つ目が「登録衛生検査所について」、3つ目が「検査キットの検査方法と病院での検査方法の比較について」の情報です。どれも私たちユーザーが、初めて検査キットを使うときに気になる、不安に思う点ばかりです。では、STD研究所がどんなふうに信頼性を説明しているか、みていきましょう。

◇血液採取について

STD研究所の検査キットでは、自分で自分の血液を採取します。「血液採取」なんて文字だけ見ると、ちょっと怖い気もします。いったい、どんなことをするんだろうとあなたも不安に思うかも知れません。事実、私もそう思いました。

実は「血液採取」と言っても、ほんのわずかな量を「ろ紙」に吸い取らせるだけです。ランセットと言う針が飛び出す専用の器具で指を刺すのですが、ほとんど痛みもないし、やり方も簡単です。初めて使うあなたも安心してください。

STD研究所のホームページでも大変分かりやすく説明がされています。ここを読んで私も安心して購入することが出来ました。

ちなみに、この血液採取の方法は他社の検査キットでも同様なのですが、各社の使い方の説明を比べてみると、STD研究所が一番詳しくて分かりやすかったです。あなたもぜひ見て下さい。(最後に商品サイトへの入り方を説明してあります。)

◇登録衛生検査所について

私たちの血液は、販売会社から登録衛生検査所に送られ、そこで検査されます。この登録衛生検査所の説明がきっちり出来ているかどうか、私はここをとても重視して調べました。すると、STD研究所のサイトではきちんと分かりやすく説明がされていました。自分で採取した血液が、いったいどんなところで検査されるのか、当然関心がありますよね。まかり間違っても、検査に失敗したり不備があったらとんでもないことです。

しっかり、確実に検査を行うにはそれなりの施設、技術者が必要です。そういった環境が整っていることを、購入前に私たちへしっかり説明を行っている点がSTD研究所の高い評価につながります。私が各社のサイトを調べた限りでは、登録衛生検査所について最も明確に説明を行っている会社がSTD研究所でした。

◇検査キットの検査方法と病院での検査方法の比較について

そもそも、検査キットで採用している検査方法自体が信用出来る検査方法なのか?保健所や病院で行う検査に比べて信頼性が低いなんてことはないのだろうか?あなたにはこんな不安や心配がありませんか?

実は私は購入前にとても心配でした。なぜなら、保健所でも病院でもその場で血液を注射器で採取します。いわば、生の血です。それを使って検査します。一方、検査キットでは、生の血ではなく、いったん「ろ紙」に吸い取らせた血です。どう考えても同じとは思えず、信頼性はどうなんだろうかと不安でした。

この不安に対しても、STD研究所のホームページで明確に安心材料を提供してくれています。実は検査キットで採用している「郵送検査」そのものは、けっこう前から歯科などでも使われている検査方法で実績があるのです。⇒「ろ紙を使った血液採取」

検査キットで行う検査方法は「抗体検査」と言って、血液中にHIVの抗体が存在するかどうかを調べます。これは、保健所でも病院でも同様です。HIVそのものが血液中に存在するかどうかを調べるのではありません。

HIVそのものはとても弱いウイルスで、人の身体の外ではすぐに死んでしまうのです。(死ぬ、と言う表現は不適切ですが、分かり易くするために、こう表現します)一方、「ろ紙」に吸い取らせた血液で、検査に必要な成分は安定化します。だから「ろ紙」に吸い取らせた血液でも信頼性の高い検査が可能なのです。

このように、STD研究所では「検査の信頼性について」と言うページで、私たちの検査に対する不安を取り除くよう、3つの項目を詳しく説明しています。

この3つの情報を読むと、検査キットのことがよく分かって安心出来ます。どれも検査キットの信頼性、安全性についての重要な情報であり、私たち購入者がぜひとも購入前に知りたい内容です。ここではその内容をこれ以上詳しく書きませんが、あなたもSTD研究所のサイトで確認してみてください。すごく丁寧で分かりやすく説明しています。(このページの最後にSTD研究所のサイトの入り方を説明してあります。)

そして、これらの記事がSTD研究所以外の他社ではどう説明されているか比較をして見て下さい。私は10社以上ある検査キット会社のサイトを全部調べて見ました。そして、選んだ結論がSTD研究所だったのです。

実は、現在、性感染症の検査キットは国内で10社以上から販売されていますが、一番最初に性感染症の郵送検査をパッケージ化したのは、STD研究所です。更に検査キットの匿名検査を始めたのもSTD研究所が一番最初でした。性感染症の検査キットでは老舗として経験豊富、いろんなノウハウを積み重ねているはずです。

________________________________________________

2.検査キットの使用方法を確認する。

この項目では、STD研究所のサイトがまたまた他社を圧倒する情報量です。検査キットを申し込んでから、商品の受け取り、採血、検体返送、検査結果の確認まで、親切丁寧に写真つきで説明があります。ここを見れば、あなたも不安なしに検査キットを使えることが分かります。

実際、私が検査キットを使用したときのレポートをご覧頂いても分かりますが、使い方はごく簡単、しかも安全です。でも、それは実際に使った後で分かる話です。使う前には分かりません。

従って、ホームページ上でユーザーに対して親切丁寧に使い方を説明するのはある面当り前なのですが、その当たり前のことがどこまでしっかり出来ているか、その比較です。私が見たところ、STD研究所が最も分かりやすい説明でした。つまり、それだけユーザーを大事にしているという証です。

________________________________________________

3.個人情報の保護を確認する。

STD研究所では、個人情報の保護と言う点も、最大限の配慮がなされています。購入申し込み後の検査キットの受け取りは自宅、コンビニ、郵便局の3箇所から自分の都合のよい場所を選ぶことが出来ます。これはユーザーには安心できる嬉しいサービスです。

むろん、全ての受け取り方法において、外からは中身が何か分からない梱包になっています。私は自宅で受け取ったのですが家族にもバレずに安心でした。

血液を採取して、検体としてSTD研究所に送り返す段階でも個人情報は不要です。あなたの個人情報がなくて、どうやって検査を行い、結果を知らせるのか?それは、あなたが自分で任意に設定したID、パスワードを使って識別する仕組みなのです。

第1項でも書きましたが、性感染症の検査キットをパッケージ化し、匿名で検査が出来るシステムを最初に作ったのはSTD研究所なのです。匿名性確保につい ては、他社と比較してもナンバーワンです。

しかも、STD研究所から送られてきた検査キットには、何も識別番号や記号がありません。もしも、ここに識別出来る手掛かりが最初から設定されていると、完全な匿名検査とは言えないと思います。

検査結果の連絡方法も、あなた専用の確認ページをweb上でパソコンか携帯電話から見ることが出来るようになっています。住所、メルアド、電話番号など、あなたの個人情報は何も必要としません。ここも安心出来ます。詳しくはこのページをご覧下さい。⇒STDチェッカー TypeJ(男女共用)

保健所に行かずに検査キットでHIV検査を受ける、その大きな理由の1つは、誰にも知られず、誰にも会わずに検査を受け、結果を知る事が出来るからです。この匿名性がとても大事だと思う人は多いはず。あなたもそうかも知れませんね。STD研究所においては、それは十分達成される仕組みとなっています。

________________________________________________

4.サポート体制を確認する

この項目は、残念ながらホームページ上で事前確認が難しい項目です。STD研究所からどんなサポートが受けられるのか、その項目は分かってもサポートの品質までは分かりません。そこで、皆さんには私の体験をお伝えして、ご参考にして頂きます。

私は自分の検査結果を待つ間や、結果が出たあとに、いくつかの質問や問い合わせをSTD研究所あてに行いました。どうしても、不安なこと、心配なことは絶えません。質問せずにはいられないこともあったのです。

すると、いつも即座に親切丁寧な回答が返ってきました。メールの問い合わせは、送信したらものの数分で回答が返信されてきます。それも、毎回です。(あくまでも私の場合であり、常に数分以内の保証はないと思います。)

STD研究所のホームページにある「利用者の声」をご覧下さい。400件近いユーザーの声が寄せられていますが、いろんなトラブルやアクシデントに対する対応の良さ、感謝の声がズラリと並んでいます。あなたもぜひのぞいて見て下さい。________________________________________________

5.検査時間と商品価格を確認する

さて、4つの選択基準ポイントの他に、番外編として検査時間と商品価格についてもお話しておきます。上記4つのポイントにおいて、STD研究所は他社よりも優れていると私は判断しましたが、それ以外の全ての項目においても優れていたとは思いません。

例えば、検査結果が分かるまでの時間についてです。STD研究所では検体(血液)が到着してから、検査結果が分かるまで3日かかります。

これは他社と比較して決して早いとは言えません。1日目や2日目に結果が分かる検査キットも他社では販売されています。

しかし、結果が他社より1日か2日遅くなっても、その程度の差なら、信用できる検査結果が得られるほうがずっと大事だと思いました。

STD研究所では、あなたが送り返した検体がSTD研究所に届いた時点で、あなた専用の検査結果確認画面が立ち上ります。そこには、何月何日、何時ごろにあなたの検査結果が分かります、と言う案内が出るのです。

これはじっと待つ身にはとてもありがたいサービスです。そして、約束してくれた時間通りに検査結果が分かりました。

次に商品価格ですが、これも他社と比べて安いとは言えません。「STDチェッカー type J」は税込みで4,935円であり、安い他社のキットなら2500円で購入出来るものもあります。

しかし、ここで今一度、検査キットを購入する目的を思い出して下さい。あなたはHIV感染を不安に思う日々から解放されるために検査キットを購入し、検査を受けるはずです。何より信頼性が一番大事だったはずです。私はこの程度の価格差は問題にしませんでした。安心代だと思えば安いもんです。どうぞ、あなたも多少の価格差で商品選定を誤らないよう、しっかり品質も確認して決めて下さい。________________________________________________

以上が、私がHIV(エイズ)検査キットを選んだ4つの条件と、その結果です。もっとも高い品質、信頼性だと判断したのは、STD研究所のSTDチェッカー TypeJ(男女共用)でした。これなら私は自信を持ってあなたにお勧めします。

皆さんが検査キットを選ぶときのご参考になれば幸いです。

◇STDチェッカー「Type J」の購入方法

まず、下の商品写真をクリックして下さい。商品購入ページにリンクしています。後はそのページの説明通りに進めば簡単に購入することが出来ます。


私はHIV感染の不安に3ヶ月間悩み続けましたが、この検査キット1つで全て解決しました。あなたもこの検査キットでHIVの不安から解放されることを願っています。




・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP