HIV検査キットの信頼性についてお話したいと思います。特にHIVに限った話ではなく、他の血液検査で行う性感染症についても共通する情報としてお受け取りください。

HIV検査キットって、安心して使えるんだろうか・・・?そんな不安や疑問を感じるあなたにぜひ読んで欲しい記事です。

実は、つい最近、ある「教えてサイト」で検査キットの質問が掲載されていました。質問は、どれかオススメのHIV検査キットはありませんか?と言うものです。

それに対して、何人かの回答者が回答を寄せています。その中からベストアンサーに選ばれた回答を見て気がついたのですが、回答の文中に、

『厚生労働省認可のHIV検査キットです』

との紹介文がありました。これは回答者さんの認識ちがい、誤りです。

現在、日本国内で販売されているHIV検査キットで、厚生労働省が認可している製品はありません。(HIVに限らず、全ての性感染症検査キットも同様)

つまり、「検査キット」そのものが認可の対象外なのです。何の規制もない代わりに何の保証もありません。

では、HIV検査を行うと言う重要な検査キットが、品質については全くの野放し状態なのか、と言うとそうではありません。ここがちょっと複雑なのですが、分かりやすく説明してみたいと思います。

まず、現在の市販されている検査キットは、私たちユーザーの手元に届く部品、パーツとしてはごく簡単なものです。要は血液をほんのわずか採取して、それをろ紙に吸い取らせるか、あるいは自分で血漿分離させるか、といったものです。

どちらにしても、採取した検体(血液)を、検査キット販売会社に送り返して検査してもらいます。つまり、検査キットとは、ユーザーが自分で行う採血作業と、販売会社が行う検体(血液)分析作業の2段階で成り立つシステムになっています。

このシステム全体に対して厚生労働省の規制、認可は何もないのですが、ユーザーが使う部品には薬事法の規制がかかっています。

つまり、医療機器としての規制をクリアして登録されないと、医療機器として販売出来ません。下の写真をご覧ください。これは、当サイトでオススメしているHIV検査キット、STDチェッカーのホームページに載っている説明です。

詳細はこちらのページをご覧ください。⇒STDチェッカー TypeJ(男女共用)
この写真だとちょっと分かりづらいのですが、赤丸の中がランセットと呼ばれる血液を採取するツールです。これには四角の赤字で囲った医療機器承認番号が記載されています。

つまり、医療用機器として厚生労働省に認可を受けて登録されている訳です。これは医療用機器としての品質をクリアしていることを厚生労働省が保証していることになります。

「教えてサイト」の回答者さんは、この登録番号を見て勘違いされたのだと思います。この承認、登録番号はあくまでも血液採取ツールに対しての承認であって、検査キットそのものに対してではありません。

更に、このツールで採取された検体(血液)は検査キット販売会社のSTD研究所に送り返されるのですが、実際に検査を行うのは登録衛生検査所です。

登録衛生検査所とは、病気の診断や健康診断のために採取された血液などの検体を、医療機関から集めて検査する施設のことです。そこでは保健所や病院などからも委託を受けてHIV(エイズ)検査を行っています。

当然、衛生面や安全面では厳しい基準をクリアしていなければなりません。その厳しい基準とは、「臨床検査技師等に関する法律」です。

この法律によって、血液検査を行う検査技師の資格や、検査を行う施設について、安全面、衛生面などに厳しい条件が設けられています。

従って、登録衛生検査所で検査を行っている、と言うことが保健所や病院で検査を受けるのと同等の信頼性を保障します、と言う目安になるのです。(保健所や病院からHIV検査を依頼されているのですから。)

このように、検査キット自体には厚生労働省の認可、承認といったものはないのですが、使用するツールと検査する施設には厳しい規制があって承認、登録が必要となっています。これが検査キットの安全性、信頼性の根拠となるものです。

私がオススメするSTDチェッカーでは、このあたりの信頼性について非常に詳しく説明がされています。詳しくはこちらからどうぞ。

■検査キットの信頼性について⇒検査の信頼性について



以上のように、HIV検査キットは製品自体には承認済み、と言うお墨付きはないのですが、実際には使用するツールと、実際に検査する検査機関に厳しい規制があり、それをクリアしている検査キットは安心して使用出来ると言う訳です。

ただし、2つだけ注意してくだい。1つは、輸入品のHIV検査キットです。輸入品については海外で検体検査を行うものや、自分で検査判定まで行うものがあります。

これらに関しては国内製造販売品と同等の信頼性、安全性が確保されているかどうか、事前によく確認された方がいいと思います。私も使ったことがないので分かりません。

もう1つは、同じ国内製造販売品でも、多少仕様が異なると言う点です。あなたが検査キットを購入した後、あなたの自宅で行う作業内容に差があります。

私がオススメしているSTDチェッカーでは単にあなたの血液をろ紙に吸い取らせるだけ、非常に簡単であっという間に終わるのですが、他社では自分で血漿分離まで行う仕様のものがあります。

私は自分で使ったことがないのですが、この作業を間違うと正確な検査が出来ないように思われます。なるべく作業は簡単で少ない方がいいと思います。その意味からもSTDチェッカーがオススメです。

以上、今回はHIV検査キットの信頼性、安全性についてお話させて頂きました。やはり多くの人に使われ、実績のある検査キットが間違いないかと思います。

私は自分で購入するときは、信頼性が高くて、しかも安全で簡単に使えるものを選びました。

■「もしかして・・・」 HIV感染が不安なら迷わず検査。自宅でHIV検査が出来ます。

STDチェッカー TypeJ(男女共用)
HIV検査のみ

■HIVと最も重複感染が多い梅毒、B型肝炎。症状がより重症化することがあります。

STDチェッカー TypeO(男女共用)
HIV・梅毒・B型肝炎が同時に検査できます。

■検査キットの信頼性についてはこちら⇒検査の信頼性について
■検査キットを使った人のクチコミはこちら⇒利用者の声



・・HIV(エイズ)検査完全ガイド  TOP